--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2014/06/30

シュプレヒコール


嘲りと共感と無関心の中で
彼は焔に包まれた

毎日明日ばかりを夢見ている
部屋に積まれた幻を
夜中にそっと駐車場の隅に捨てている
昨日を思い出せるか
足元が見えているか
今吹いている風がわかるか
君は現実を生きているか

シュプレヒコールの波
上げずにいられない声を上げ
シュプレヒコールの波
挙げずにいられない拳を挙げ
沈みゆく時代を押し返そうともがく
スポンサーサイト
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(4) | Trackback(0)
2014/06/22

微熱


充電回路が詰まっている

コーヒーショップで本を読みながら
凝り固まった首や肩を揉みほぐす
背中が痛み身の内が熱い
少し熱がありそうだ
さっさと帰って横になった方が賢いとわかっていても
今日は他人の中に紛れていたい曇り空

此処から手を振るのだと自分で引いた線の向こうにある
近いようで一番遠い場所に憧れていた昔
夢見る頃を過ぎた今もあの気持ちを
上手に作れた苺のジャムのように
いつまでも大事にとっている
こんな日には少し思い出す
一生懸命だったあの頃の自分を

すっかりさぼり癖の付いた今の自分を
雑踏の中で嗤う

にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/16

人々


コロシアムに花火が上がる
歓声とともに旗が掲げられ
人々が手を振りながら歩いている
にこやかに 楽しげに 誇らしげに
周囲の歓声が一際大きくなる

人々の怒号が大きくなっていく
拳を振り上げ厳しい顔つきで父親たちが叫ぶ
子供を抱いた母親たちが煙った街を行く
水で打たれ 警棒で打たれ 銃身で打たれ
それでもなお人々は退かない

世界は分裂している
人々は円から円を器用に渡りながら生きている
苔生した木の根を避けながら
きれいに掃除されたタイル張りの道を選んでいる
用意された選択肢しかない世界で
何でも好きに選べると喜んでいる

にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/13

雷雨


街は雷雨に見舞われた
大に小にあまたの龍が押し進んで行く空の下で
私は鱗の向こうに今宵現れるだろう月を見ていた

考えてみれば随分と長い間木の上にいる
降りてもいいのだけれど
ぼんやりと迷っている時は
天へ向かって真っ直ぐに左手を伸ばす癖がある
何かが降りてくるような気がするのか
何かと繋がろうとしているのか
自分でもよくはわからないけれど
それなら空に近い方がいいだろうと思う
伸ばした指の先は何にも届くことはないのだけれど

龍たちは私に一瞥もくれずに去って行った
私は木の上で一人夜の帳が下りるのを待つばかりだ
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/10

ひとりごと


空が全部鏡だったら絶対吐く
 
にほんブログ村 ポエムブログへ
ひとりごと | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/09

跳ねる(改訂)


カラスは歩く トコトコ歩く
ハトも歩く トコトコ歩く
スズメは跳ねる ピョンピョン跳ねる
ぼくも跳ねる ピョンピョン跳ねる
そうしてタカタカ走って コロンと転ぶ

泣かないよ
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/07


私は言葉を持たない
どうでもいい会話はどうでもいい人とはできない

雨が降る
雨の中をスニーカーでばちゃばちゃと歩く
道の上のあまり水の溜まっていない所を見極めながら歩くのはとても面倒臭い
ビニール傘は前が見えて便利だ


にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/06/02

音楽


一弦は光、一声は希望
時に律し、時に開く
内なる円と共に鳴り、私の中に道を通す
にほんブログ村 ポエムブログへ
三行詩 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。