FC2ブログ
2013/11/19


それは空から降りてきた
見えない光を放ちながら
僕らはそれを愛だと思ったので
たくさん集めた それを集めた

遊ぶ子の指の先から腐り始めて崩れていく
あの子は笑顔のまま砂になった
だけれど僕らはそれを愛だと思ったので
愛なら伝えねば
子供たちに

小さな身体が跳ねる 翔ける
太陽をつかもうと手を伸ばす
僕らは間違えたのだ

見えない光を放ちながら
絶え間なく降りそそぐ
決して愛とは呼べないそれが
子供たちの大地を覆いつくす

にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 祈り | HOME |