--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2015/02/05


最上階にある社員食堂で
焼きそばを噛んでいる
窓の外はすっかり雪模様で
綿を細かく千切ったような雪が
斜めにふわふわとしかし毅然と降っている
それが一瞬動きを止めかき回されたかと思うと
すぐさま方向を変えて今度は空へ昇っていく
大きな窓ガラスには天井の照明が写り込み
それだけではまるで心許なく見える幾つもの小さな丸い灯りが
空の向こうまで続いている

すべてを覆い尽くしてしまえばいいと願うのは
人間の業を見たくないという身勝手からか
座り込んで動けないのは誰

幾つもの水平線を雪が描き
ガラスの向こう側に張り付いた滴が震えている
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
ん? 呼んだ? 呼んだよねっ??
藤乃さん、ごぶさたっ!
今年も、なにとぞ、よろしくねっ。
>>青梗菜さん

お久しぶりです(^_^)/
会社でお昼ご飯の時に、
何だか久しぶりに突然言葉がゾロゾロっと出てきたので、
そのまま書き留めてみました。
そして久しぶりの巡回になってしまい
申し訳ありませんです。
今年もよろしくお願い致します。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。