FC2ブログ
2013/12/19

桜の國


火を燃やせ
火を燃やせ

酒を飲め
歌を歌え
女は踊れ
獣を食え
子どもは吊るせ
火を燃やせ

おや 遠くに逃げる人間がいるぞ
どれ 岩を投げて頭を潰してやろうか
捨て置け 捨て置け
あちらにはあちらの鬼がいようぞ
黙って働く男どももおろうぞ

火を燃やせ
火を燃やせ
天に届くほど

雨が降るまであと千年
千年の間われらはここにとどまるのだ

薪がなくなればまず子どもを
次に女を
それも尽きれば最後に男どもを投げ込もうぞ
最後にしてくれるのであれば薪を運ぶと約束したのだ
憐れな男ども
妻子が焼けるのをそのまなこで見送る方がよいと

可可可可可可

さあ 火を燃やせ
宴は続く
ここは千早振る鬼の国

桜降る飛礫の国ぞ

にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 蚤の市 | HOME | 天の龍 »