--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2013/12/28

無題


何百年何千年の間
空の下で大地の上で水に囲まれて
自ら熱量を持ち思考する蛋白質

「我は君思う 故に君あり」
脳内にあるものは全て現実である
仮想世界とこの世界に何の違いがあるというのだろうかと君は無意識に思っている

蛋白質が視る世界はバラバラだ
だからこの世は少しずつ変容していく
意識せず或いは意識して都合のいいように侵蝕していく
自分が認識した対象を自分の物だと思い始める

「あなたは世界の一部であるが世界の所有物ではなく
世界はあなたの一部であるがあなたの所有物ではない」

生命もこの空も誰のものでもない
世界は幾つも重なってひとつであり
他者の世界を破壊してはいけないことを知らなくてはならない
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
peace ピース 望むべくは平和

Re: No title
本当にそうです。

管理者のみに表示
« TOKYO | HOME | Merry X'mas »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。