FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2014/01/11

まほろば ~応援歌~


何がそんなに可笑しいのか
はしゃいで小さな足をバタバタさせる君
お昼寝の時間だからと手を伸ばすと
余計にはしゃぐのが不思議だった
手をひらひらさせてみせると
声をあげて喜んだ

「君のためなら命を捨てる」なんて
思うのはこんな時だったんだと
小さなベッドで眠る君が小さな手で
僕の指をきゅっと掴んだ時にわかった

君のパパとママは一緒に生きて一緒に死んでいく約束をした
だけれど君とは多分途中までしか一緒には行かれない
だから君にはこう約束しよう

君にとってこの世界が怖い世界にならないよう
君にとってこの世界が笑顔になれる幸せな世界であるように
君のパパとママは一生懸命世界を作ろう

君に約束しよう
君がいつか一緒に生きて一緒に死にたいと思う相手ができて
子どもを持った時に
そんな「頑張る」を約束しなくても済むように
僕たちが頑張るから
きっと頑張るから
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
おじゃまします、拝見してます、
はじめまして。

なぜ戦争に反対しなかったの?
って、素朴にそう訊かれると困ったでしょうね、
戦後すぐの大人たちは。
なぜ原発の建設に反対しなかったの?
って、僕たちは訊かれそう。

必ず子どもたちに押しつけてしまうので、
僕はこんな世の中でごめんと謝ってます。
がんばりますけど。
Re: No title
こんにちわ。
コメントありがとうございます。
何がどうだろうと完全に大人の責任なので、反省しています・・・。

管理者のみに表示
«  | HOME | 追憶 »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。