FC2ブログ
2014/01/28


やけに静かな夜 電気を消した
閉め切ったカーテンが
外からの微かな光でぼんやりと縁どられている
闇の中では私の輪郭もぼんやりとして
光の中にいる時よりも世界に混じり合っている気がした

なのに目を閉じると私の境界がむしろはっきりとして
途端に世界が遠のくのはどういうわけだろう
夜は何処に属するのだろうか

風か車か 遠くで音がごぉと鳴った
世界から孤立して私は眠りにつく
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示