--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2014/02/23

中身


「自分は空っぽじゃないよね」という主張で空っぽな部分を埋めようとする姑息
だかしかし
今まで生きてきて何も無いことは無いだろうと思うのだが
どうにも何も思いつかない
いや何かしらはあるのだが色もない形もない
探ればぐるりにはザラザラした壁があって内側に文字が印刷してあるのだが
何が書いてあるのか自分でもさっぱり読めやしない
生命は器じゃないです最初から中身ですから減りませんなどとしたためながら
いや何だか自分の内容物が見当たらないのですというのはいかにも拙いではないか

なるほど こうして人々は自分探しに出掛けていくのだな

仕方が無いので壁をガリガリとやって文字の下に埋め込まれているものを掘り出さなくてはならない
今は見たくないので後にしようと思う
 
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。