FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2014/03/17

柔らかな日


道行く人のコートの色が明るくなった
並ぶお店を眺めながらゆっくりと歩く
フラワーショップの店先のチューリップの種類が増えて
パンジーの投げ売りが始まっている
こんな暖かな日は掛けていた鍵も外れてしまう

明日も今日と同じ穏やかな日なのかも知れない
本当はずっとずっとそうなのかも知れない

少しの間だけなんてことのない遠くを想う
ダンボールで従兄弟と一緒に滑り降りたあの川の土手
すっぱくて少しずつ飲んだポンジュース
おばあちゃんの家へ行くと夕飯に必ず出てきたマルシンのハンバーグ
豆腐屋のラッパ
幼稚園を抜け出して泣きながら帰った道
ありふれ過ぎて漫画にもならない
毎日が全てだった時間に還っていく

鞄に入れた小さな計測器
玄関に積んだ水の箱

なんてことのない日常の
なんてことのない出来事にあふれていたあの頃が未来になればいいと願う
 
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
藤乃様へ
初めまして。お邪魔致します。

何となく望郷の香りとちょっぴりの寂しさが漂って
お家に帰ろう…見たいな 温かい気持ちになりました。

またお邪魔させて下さいね♪
Re: 藤乃様へ
こんにちわ。
コメントありがとうございます!
「あの頃はよかったなぁ」と思うことが多くなりました。
時代のせいでしょうか・・・。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。