FC2ブログ
2013/12/02

焔立つ


焔立つ 胸の奥の

遠くにある幾つもの瞬間が
目の前に現れては
ぐるぐるとまわって消えていく
沢山の足音 追いすがる手
白い部屋の中で
小さな泣き声を

誰か 誰か
聞いてはいなかったか
こどもたちの叫び声を
誰も聞こうとはしなかったのか

彼の大地に焔立ち

大人たちはぐるぐると歩く
こどもたちを連れて歩く
小さな足は爛れている
ぐるぐるとまわって消えていく

焔立つ 胸の奥の
焼け付くようなこの鋭い痛みを
 
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 一行詩 | HOME | 四行詩 »