FC2ブログ
2014/06/16

人々


コロシアムに花火が上がる
歓声とともに旗が掲げられ
人々が手を振りながら歩いている
にこやかに 楽しげに 誇らしげに
周囲の歓声が一際大きくなる

人々の怒号が大きくなっていく
拳を振り上げ厳しい顔つきで父親たちが叫ぶ
子供を抱いた母親たちが煙った街を行く
水で打たれ 警棒で打たれ 銃身で打たれ
それでもなお人々は退かない

世界は分裂している
人々は円から円を器用に渡りながら生きている
苔生した木の根を避けながら
きれいに掃除されたタイル張りの道を選んでいる
用意された選択肢しかない世界で
何でも好きに選べると喜んでいる

にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示
« 微熱 | HOME | 雷雨 »