--/--/--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ポエムブログへ
スポンサー広告
2014/07/19

不明の理


自家製のレモンサワーに豆乳を注ぐ
スプーンでくるりとかき回すととろりとなって
コップ1杯をごくごくと飲んだ
その晩 遠くの国で飛行機が落ちた
ミサイルが飛んできて真っ二つになった
もうずっと壊れかけている世界の中で
何も起こっていないかのような顔をした人たちに紛れて
何も起こっていないような顔をして過ごしている自分
屋根も壁もベッドも食べ物も奪われた人たちが
手の中の小さな機械に「help」と打ち込んでいる時に
屋根も壁もベッドも食べ物もある場所で
同じ機械で小人のアニメを見ている
鞄の中には線量計があり玄関には水が積んである
この何重ものギャップをどう埋めたらいいのかもう私にはわからない
にほんブログ村 ポエムブログへ
自由詩 | Comments(11) | Trackback(0)
Comment
No title
そして、悲しいときに笑ったり、
共感できなさに共感したりするんだな~。
夏が来ますね。
私たちが、何十年か前に「屋根も壁もベッドも奪われた」国の人間だなんて信じられないくらいの
間延びした日常が側にありますね…υ

もうじき、また、そのギャップも埋まってしまうのだとしたら
その時は、私たちが他所の平和な国の人々にギャップを与えるのかも知れないです…

そして、彼等に詩を書かせる…。
今日も地球が回っていますね(^_^)
No title
お二方、ご無沙汰しておりますm(_ _)m

湾岸戦争が始まった時にショックで気分が悪くなって「気分が悪い」と言ったら、会社の後輩に「戦争が始まると気分が悪くなるんですか?」と訊かれた時の事を思い出しました。

自分のいる世界が健全でまともだと思っているから、ギャップを感じるんですよね。世界が別だと思っているから。
そうじゃない、そもそもおかしい世界に生きているんだと認めれば、ギャップは生じないんです。
でも、そんなことはできれば認めたくない。
でも認めないと先に進まない。

日本については、もうとっくに他国で詩を書いてる人がいると思います(^_^;)
チェルノブイリがそうであったように・・・。
藤乃さんは、その不明の理に対する強い怒りや疑問を抱えているのですね…。
それにそぐわない、軽いコメント差し上げてしまいました。
失礼しました……υ
藤乃さんの考え方を否定している訳では決して無いので。

比喩など使わずストレートに言えば良かったです。批判ではなくて、詩を読んで感じたことのひとつ、多様性のひとつを示したかっただけです。私は、こう考えます。

明日は我が身。ギャップなんて無い。
私はコロされそうにもなり、飢餓もあった。
また戻るかも知れない。


やはり、コメントを書くことは最高難易度
の業ですね…υ あちこちで失敗してます…υ
でも、また、来ちゃいますよ♪

失礼しました(^_^)

No title
>>ユウさん

いやいや、私も失敗したみたいで・・・。
湾岸戦争云々は、本当にただ思い出しただけです。
あの時の「文化が違うのか?」ぐらいの乖離感を、自分の内側にあるものと身の回りでお構いなしにつき進んでいく日常との間にずっと感じているので・・・。
「アンタたちのコメ読んで連想したワ!!」ではありません(^_^;
でもそうとしか読めないかも・・・挿入位置が悪かったのと説明が足りませんでした。ごめんなさい。
まあ、怒って書いた詩なのは確かです。
社会問題がテーマの時は100%怒っています。怒りのあまり泣いてから作ったりしてます。
ちなみに虫やモグラを黙って死なせる詩も怒って詩作しました(苦笑)
否定とか批判とかはユウさんのコメントからは全く感じていませんよ~(^^)
詩作するにせよ作文書くにせよコメントするにせよ、何かを言葉にする時って、どの立ち位置からどっちの方向に向かってどれについて述べるかっていうのがあるじゃないですか。(それがユウさんの言う多様性?)
カフェの中から外の交通事故を目撃したとして、
A「なんで早く救急車を呼ばないのかな」
B「あー、意外とみんな慌てちゃうんだよねー、うちのお父さんの時も結局20分かかったわ」
C「いや、ほらあそこで電話してるって。ここらあたりだと平均到着時間が8分ぐらいらしいよ」
なんて会話が交わされたとして、ここには1種類の立ち位置と3種類の方向性と論点があるわけですよね。現場の人たちを混ぜたらもっと増えます。
それと同じように、ユウさんのコメントが歴史の流れの中で俯瞰してて、いずれ自分たちもと言っているのはわかっています。
ていうか、比喩じゃなくてそのまま書いてらっしゃいますよね。
私は私の首を絞めた人はもう死んじゃってるので、自分がどうより死地にいる子供たちのことが気になるのです。国内においてもです。
でもそんなことを気にしている人は周りにいないのです。
大体において、私は説明が足りないのですね。ごめんなさい。

コメントが難易度高いのは同感です。
だから私もヨソ様にはめったなことではコメントしません。
何行も入力してから「いや、でも意味違うかも」と怖くなってやめる、ということをしょっちゅうやっているのです。
ユウさんや青梗菜さんはコミュニケーション能力があると思います。
私はないのです・・・。
詩も単なる日記ですし。

以上、延々と言い訳でした・・・。

1%のアホが世の中を危うくするのです
最近、ブログで妙な勧誘スパムが飛び交ってますが、そちらは大丈夫ですか?
そんな勧誘。誰も引っ掛からないと思うのは大間違いで、稀に引っ掛かる人が居るんですね~
で、そういう何でも信じる盲信的なアホが、何処かでミサイルで民間機を撃ち落したりする><
「ものの見分けすらつかんのか~!このアホ共が!」と怒鳴ってやりたい。
1%のアホの犠牲になった80人の子供と、大勢のエイズ研究者の皆様のご冥福をお祈りします。
キチガイ…いや、アホに刃物とはこの事で、マトモな人間まで巻き込まれてしまうのが世の常。
人種も民族も無い人類共通の基盤の上に立った「国際的な共通の教育」の必要性を感じます。
深い詩
戦争は嫌い。でも戦争が近くにある。それを忘れないために、この詩は、多くの人に知られるべき。
No title
>>sado joさん
スパムは今のところ大丈夫です。
戦争に至らないための国際的な共通の教育は、資本主義の下では難しそうですよね・・・。

>>灯台さん
そう言っていただけて有り難いです。
ちょっと横道ですが、みんな法律違反は気にするのに憲法違反は気にしないんですよ!(大憤慨)
No title
お〜w、
コミュニケーション能力が足りてないせいで小さくなってしまう人、ってあまりいないように思うのです。
足りてない、と自覚することで、身動きがとれなくなる、たぶんそっちだと思います。
コミュ下手でも、勘違いしてコミュ上手だと思い込めば、
コミュニケーションは円滑です。
なんというか、手かせ足かせはいつも自分ですから、
自己懐疑してしまう人は、なにかとキツいのですよね。
もういいですから、ユウさんも、藤乃さんも、
はいはい、もういいですから、と思って読んでおりましたw。
もっと鈍感に、自分に厳しく他人に優しく、なんて外に向けて言い放ってしまえるような、自分への甘さと他人への厳しさが必要です。
例えば、僕のように!!
藤乃さん、こんにちは♪

>一種類の立ち位置…

そうか…俯瞰って結局、その立ち位置…
つまり傍観者なんですね。黙って自分の番を待っているようなものか。なるほど。

私は私の首を絞めた人はどうなってるか分かりませんが(子供の頃で知らない人なのでw)、私をナイフで殺そうとした人は施設で寝た切りになってます。私はその人を介護していたので、許すことは心に栄養を与えてくれることを知ったのですが、
人が人を助けることが出来る位置に置かれるというのは奇跡に近いようなもので、望んでも得られないことが多いと思います。
ですが、それに怒っている藤乃さんのような人が、
事故が起きた時、この国が戦地になろうとする時、その場にいるはずです。そして残念なことに嬉々として写真を取る人がいて、嬉々として銃を取る人がいる…。もう自分で救急車呼んで、反対票投じて…ぐらいしか出来ない…υ この自分の出来ない感が怒りを呼びますね。
ぐぬぬ…わけ分かんないです…υ

私、コミュニケーション能力、低~いですよ♪
さそり座A型、ほぼ、だんまり(笑)

青梗菜さん、この理屈っぽさが私の持ち味です(笑)
天秤のAです
>>青梗菜さん

>手かせ足かせはいつも自分ですから、

そうなんですよね~。
然るに、自分を変えるのももはや面倒臭いトシになってしまい・・・。
そして面倒臭いものを面倒臭いままに過ごしているので、割と快適だったりw

私とユウさんのやりとりはなんというか、強いて言えばつまりコミュニケーションなので、ご心配には及びませぬ(^-^)v


>>ユウさん

別にガンジーに傾倒しているわけではありませんが、
彼の言葉を贈ります。

「弱いものほど相手を許すことができない。
許すということは強さの証だ」

そして自分にこれを。

「あなたのおこなう行動が、ほとんど無意味だとしても、
それでもあなたは、それをやらなければなりません。
それは世界を変えるためにではなく、
あなたが世界によって変えられないようにするためにです。」

考え続けることを止めないために。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。